脳性まひや障害のある子どもの歯科治療の方法について

障害のあるお子さんの歯科治療について

障害者歯科治療

障害を持たれるお子さんや脳性まひを持たれるお子さんの場合、歯科治療が必要な場合にもそれをなかなか気づかなかったりすることがあります。 しかし、口の健康を長期にわたって維持していくことは、クオリティ・オブ・ライフ(QOL)を高めるためにも非常に重要になります。 見ていきましょう。

障害者歯科治療

日本においては、障害のあるお子さんや脳性まひのあるお子さんが特別なケアを受けながら歯科治療を行っていただくために障害者歯科学会というものがあり、その学会の認定医がいる歯科医院も全国にあります。 もし、障害者歯科を希望される場合には、そういった認定医のおられる歯科医院を探されるのも一つです。

歯科治療の重要性

歯科治療はずっと診察台の上に座っていなければならず、また動くと危険な場合がありますね。
小さいお子さんや障害のあるお子さんの歯科治療については、特別な配慮とケアが必要になります。
まず、待合室などで待ったりしていることが苦手で、普通の歯科医院には行き難いと感じたり、じっと座っていることが難しく歯科治療の最中の子どもの様子が心配であったり、さまざまなことが懸念されると思います。
また、歯が痛むことを自ら親御さんに知らせることができずに歯の状態が悪くなってしまったり、治療が必要であることのコミュニケーションをうまく測れない場合もあります。
歯科治療の際には患者さんの協力が必要になるときもあり(例えば、口を大きく開けてください、など歯科医師から頼まれた際など)それにうまく応えられない等、歯科治療の方法にも特別な工夫が必要になります。

また、治療している際に、てんかん、高血圧、糖尿病などの病気があり、安全面に心配があったり、内服されているお薬のために歯科治療が困難な場合があります。
また、中には、口に治療のための器具が入ったりすると、嘔吐してしまったり、むせてしまい治療に極度の恐怖感を抱いている場合など、歯科治療に対する悩みはさまざまです。
このサイトでは、小さいお子さんや脳性まひや障害を持つお子さんや歯科治療に対して極度の恐怖感を持っておられる方の治療の方法について調べてみました。
現在では障害のある方への歯科治療を行ってくれる歯科医院があります。
見ていきましょう。

鎮静法下もしくは麻酔下での治療

歯科治療にお子さんの協力が得られず、治療することに危険が伴う場合、あるいは障害によって治療を行うことが危険もしくは困難な場合には鎮静法下において歯科治療をする場合があります。 必ず保護者の方への説明が十分に行われますので、不安がある場合にはなんでも医師に聞いてみて、納得の上で治療を行うことができます。


ページ
Topへ